叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて_gif12_上部

【叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて】

 

最低だ…私…。

 

叔母さんに子ども産んで欲しい。俺育てるから!!

 

もう…どうしようもない

 

【叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて】は無料立ち読みできます。

 

 

叔母ちゃんに甘えたいかたはこちらをどうぞ♪

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼

バナー1

そのまま無料試し読みページに進みます。

 

漫画名 叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて
作者 黒猫スミス , お稲荷さん
配信話数 24話(2018年2月26日時点)
価格 1話64円
備考 熟女系エロマンガの決定版!

 

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて ネタバレ 14話

前回の13話のネタバレはこちら♪

 

一回も二回も一緒だよね♪

 

 

 

幸平は身勝手に考えて、

恭子の子宮に二回目の精子を注ぎこみます。

 

 

 

しかし、幸平の性欲は収まらない…

 

 

 

幸平:

「あと少しで出そうだから…」

 

 

 

3回目の射精をしようとします。

 

 

ここから先はネタバレになります♪

 

 

ネタバレ前に本編の方を読んでみたい方はこちら♪

↓ ↓ ↓

バナー1

 

 

 

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて 愛液と勘違いして中出しを許す

中出ししても、

腰を動かしてれば恭子は気付かない。

 

 

 

そしてゴムをつけてると思いこんでいるので、

油断している。

 

 

 

幸平は二回も中出ししているのに、

まだ一回目と嘘をついて続行します。

 

 

 

幸平:

(おばさんの穴の中精子でいっぱいにするんだ!)

 

 

 

恭子は必死に腰を振ってる幸平をちらっと見て、

アソコからナニカが垂れてきていることに気付きます。

 

 

 

恭子:

(垂れてきた?)

 

 

 

ですが気付きません。

 

 

 

幸平にはコンドームを着用しているはずだから。

中出しはしないと約束したから。

昨日の夜、中出しをきちんと怒ったから。

 

 

 

相手が普通の男であれば、

それで安心できるはずでした。

 

 

 

ですが、相手は

未熟な幸平。

 

 

 

その垂れてきたナニカを。

 

 

 

自分がご無沙汰のために

感じてしまった愛液だと勘違いします。

 

 

 

幸平:

「叔母さん!もう出そう!」

 

 

恭子:

「いいよ。出しちゃいな」

 

 

 

 

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて 恭子の隙

長い。

 

 

あまりにも長すぎる射精。

 

 

 

恭子:

(小さいけど体力だけは有るからなぁ)

 

 

 

三回も中出しされているとは露にも思わない恭子。

 

 

 

幸平はグリグリと奥に押し当てて、

中出ししていました。

 

 

 

しかし、

幸平は余韻に浸ることなく、

出し終わったら直ぐに抜いて、

 

 

 

恭子のアソコから垂れる

自分の精子を拭きとって、

 

 

 

逃げるように部屋から出ていきます。

 

 

 

そして翌日も、

恭子の隙をついて中出し…。

 

 

 

続く15話のネタバレはこちら♪

 

 

 

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて 無料試し読み情報

本作品を無料試し読み出来る公式サイトをご紹介します。

 

 

コミックフェスタやコミなびなどの電子コミックサイトに比べて

エロマンガの質、量は圧倒的。

 

 

コミックフェスタのエロマンガを中学野球レベルとするなら

このサイトはプロ野球レベルです。

 

 

エロマンガのファン

必ずと言っていいほど愛用している電子コミックサイトです。

 

 

 

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて

 

 

 

無料試し読みはこちらを↓クリック↓

↓ ↓ ↓

バナー1