2019年4月に入り、そろそろ【アドセンス】を取るか!と発起。

本日、めでたくアドセンスを取るに至りました。

 

 

11時間前というのが生々しい(笑)

 

さて、本題に入りましょうか!

アドセンスを取得できたことで、その取得までの流れやコツを伝授したいと思います!

 

アドセンスに関するその後の情報ももちろん追加していきます。

まずは2019年5月時点の情報と思っていただければと思います!

 

アドセンスをなぜとったの?

2019年時点では働き方、お金の稼ぎ方の自由度が広がり、

ブログだけで生計を立てることも可能な時代になっています。

 

普通の主婦が、会社員が、実業家が、芸能人が…と。

誰もが平等に、自分の好きなことを情報発信してお金を稼げる時代。

 

僕もその例にもれず、自分の趣味と実益を兼ねてアドセンスを取らなければ!

と思い至りました。

 

特に自分は映画やドラマの鑑賞が趣味なので、

それらのちょっとしたネタバレや見どころを発信しつつ、

ちょっとでもアドセンスで稼げればと考えています。

 

 

取るぞアドセンス!

自分がアドセンスを取得した流れや実際のブログをまずは紹介し、

そこから、詳細を肉付けしていきます。

 

誰もが取れるようなかゆいところに手が届く内容にしますが、

もうちょっと教えて欲しい方がいましたら文末の連絡先から教えて下さい。

 

 

アドセンス取得チャート

  1. [検討段階]何のブログを作ろうか?
  2. [環境取得]ドメインとレンタルサーバ借りるか
  3. [作業開始]メインコンテンツである記事をすべて外注で募集
  4. [中間判断]ある程度記事集まったのでアドセンス申請
  5. [作業継続]おめでとうメールをもらうまで継続して記事を外注で募集
  6. [作業完了]おめでとうメールを取得

 

 

2019年4月1日にアドセンス取得を決め、ジャンル決めやドメイン取得で6日考え、

4月7日から本格スタートして記事を作り続けました。

 

中間判断の時点で4月20日になっており、ゴールデンウィークが迫っていたことから

申請しました。

この時点で記事数は15記事。

 

あとはおめでとうメールをもらうまで1記事ずつ追加し、

5月7日AM0時27分におめでとうメールを受け取りました。

 

総記事数は31記事になります。

 

 

 

アドセンス用ブログの検討。育児ブログに決定!

アドセンス用ブログに関しては【社会的に人の役立つこと】を重視しました。

そのため成人向けコンテンツや娯楽に特化したブログを避けました。

 

そこで出てきたのが【育児】というジャンル。

これはまさしく【社会的に人の役立つこと】ジャンル

多くの人が悩み、苦労し、喜び、幸せをかみしめるということが感覚的にも分かると思います。

 

アドセンス取得に適したジャンルであることに疑いの余地はありません。

 

なお、当方、事情で幼児の子育てを手伝ったことはありますが、

【育児】を語れるほど子育てをしたことはありません。

 

育児に関して10分程度しか語れない程度のド素人というわけです。

 

だから、このジャンルを選びました。

 

他にも、健康、美容の候補ジャンルがありましたが、

あえてド素人の分野に挑戦することで、

 

誰もがアドセンスを取得できることを証明したかったからです。

 

では、つづいて具体的な手順にはいります。

 

 

アドセンス取得用のブログを作る!

アドセンス取得に際し、自分でドメインを取得しレンタルサーバーを借りて登録する必要があります。

 

この手順については長くなりますので別の記事を用意しようと思います。

まずは概念的にアドセンス取得がどんなものなのかを覚えていただければと思います。

 

ちなみにアドセンス取得は一昔前であれば無料ブログでもよかったようですが、

有料ブログ一択です。

 

そして、いよいよ、自分がとったアドセンス用のブログを紹介したいと思います。

自分が作ったアドセンス用ブログはこれだ!

 

 

ドメインとレンタルサーバについても別の記事を用意したいと思いますので

ここでは省略します。

 

 

アドセンス取得用のブログづくりは難しいの?

まったく難しくありません。もちろんそれは、ブログを作ったことがある方からすれば…の話です。

初心者では少し難しいかもしれません。

 

ただ、ブログにはワードプレスというソフトウェアがあり、

ワードプレスにはテーマというものがあります。

 

このテーマというのは、家で言う内装のようなものだと思ってください。

ワードプレスには無料テーマというものが存在しており、それを使ってもよいでしょう。

僕は有料テーマを使っています。

 

このテーマについてわからない!という方ももちろんいると思います。

そんな方はワードプレスについているいくつかの無料テーマをいくつか有効化してみてください。

 

「あ、内装ってそういうことか!」ということが理解できると思います。

 

僕が記事以外のところでブログの構成を触った個所は

ウィジェット(右側のメニューの事)と上部メニューの2点。

 

それ以外は基本的にそのままです。

ウィジェットについて、僕は【最新記事】【カテゴリ】【アーカイブ】の3つがあればいいと考えています。

あとは、気が乗ったら【ランキング】を入れたりとかですね。

 

 

メニューについて、【運営者情報】【プライバシーポリシー】を入れて、

あとは見どころの記事を入れている【カテゴリ】を入れてます。

 

 

ウィジェットとメニューについては3分もあれば終わります。

最初のうちは記事だけを作り続けて行けばいいと思います。

 

10記事もあればカテゴリ分けできますので、

記事にカテゴリを当てはめればOKです。

 

困ったら【コラム】とかそういうカテゴリに突っ込んでおけばいいでしょう。

 

ある程度最初に決めたいという方であれば、

病気対策、知育、悩み、という定番のカテゴリを記事を作っていれば、

安心して作業に打ち込めるでしょう。

 

 

ブログメインコンテンツ!記事づくりはどうすればいい?

記事を書けない・・・という方はまずいないと思います。

普通に誰かに悩みを打ち明けて解決するようなイメージ。

あるいは、【自分はこんなことをして、こういう経験をしたんだ。とてもよかったよ!】と話すようなイメージで書けばOKです。

 

ただ、僕は育児ジャンルを選んだものの、育児知識なんてありません。

なので、外注によって記事づくりを他人に依頼しました。

 

 

条件はこちらの通り。

・文字数は1000文字以上。

・ですます口調

・記事のテーマは育児の悩み、知育、病気、食事、イヤイヤ期など

 

なお文字数については僕のブログでは1000文字なのは、

文章の質、読みごたえ、起承転結、などの要素を考えればそのくらいの文字数だからです。

 

報酬は1記事100円(108円)で、31記事全てを外注にしたため、3,348‬円の出費です。

もちろん、育児知識があれば出費は0円です。

 

外注を利用したのは、先述の通り、僕が全くやったことがない育児というジャンルを選んだからです。

90%を人頼みにしてもできることを証明したかったのです。

 

 

記事の外注という選択肢

ブログは箱さえ作ってしまえばあとは箱に中身(記事)を入れるだけの作業です。

つまり、自分の脳みそで考えてやらなければならないということではないのです。

 

人に作ってもらって自分が管理をすればそれは自分が作ったのと同じです。

 

なお、記事を外注するというやり方はブロガー、アフィリエイターからすれば

当たり前の行為です。

 

こんなライターには気を付けて!外注に潜むケモノ!

外注をしていると、1割か2割くらいの確率で変な人が出てきます。

 

前後の文章のつながりが唐突過ぎて意味が分からない・・・。

そういう文章を人間は書けません。

 

ではなぜそんなのが出てくるのかというと、

世の中にはツールを使って記事を作成するというやり方が存在しています。

 

本当にこのツールは大っ嫌いです。

人の力を借りる外注は自分が読んで、納得したうえで自分のブログに入れるので、

納得した分責任感が生じます。

 

 

けれどツールには何の責任感も持ち合わせていません。

このツールで作られた文章は10行くらい読めば大体わかります。

 

 

(5行くらいはツールを使ってる人も警戒して手直しをしている可能性があるので、

10行読んでください)

 

具体的にツールで作られたと思われる文章をここに引用してみますね。

1000文字越えなのでちょっと長いです。

 

とある外注記事:

Global Step Academyで英会話を週2回ほどならわせています。

3歳から現在5歳の期間、英会話のレッスンをうけております。

始めた理由は、多芸は無芸というのが、私の考えだったからです。

 

娘の将来で、なにか1つ将来に役に立つものはないかなと、考えていました、簿記や、建築、などいろいろありましたが、

極端に、難易度が高いものは、しないことにしました、習得できて、かつ就職や、

収入にやくにたつものがいいと考えました、そこで英会話にしました、

英語がスムーズにはなせれば、日本と海外をいききする仕事もつきやすくなりますし、不特定多数の外人がいる、ところでも雇われやすくなります。

 

例えばディズニーランドとか、日本語で話した後、よく英語で、もう一度いっています。

もう少し、大きくなったら、海外のホームステイにでも、少しいかせるつもりです。努力すれば、習得可能な学問だとおもいます。

 

これが、難関の医者とか、弁護士だとか、スポーツ選手はそうはいきません、努力では、習得できない分野もあります。

これが、習うきっかけになったのです。

 

子供の様子は、大変、興味をもってやってくれております。

最大の原因が、目に見えて上達するからです。

やはり、人間、上達しないと続かないと思います。途中で嫌になってしまいます。

 

現在娘は、暇なときは、よく、えいごであそぼ with Orton、NHK Eテレで単語をしゃべっています。

簡単な単語ばかりなので、簡単におぼえられます。幼児向けのテレビ番組になっております。

他の、幼児向けの英会話テレビもあるので、そちらも、見せようか現在検討中です。

 

習い事をしたメリットは、やはり、英会話が格段につよくなったことですね、

普通の英語の文章も読めます。簡単なやつですが、また、ゲームなどに興味を示さなくてよかったと思います。

ゲームは、将来、就職や資格に結びつくことは、あまりないからです。

ゲームのデバックとかゲーム制作会社でしょうか?

 

あまり、そっちの方向にはいってほしくなかったので、

英会話のほうに、気持ちがいってくれたのは、大変なメリットと考えております。

 

習い事でこまったことは、少々、お値段がはるということですね、

オンラインでやるのに、いくつか機材をそろえました、マイクとか必要ですし、

月額もかなりかかります。

私の、貯金からも、少しだしています。

旦那も協力してくれていますが、これも、娘の将来のためです。頑張ります。

外注記事より抜粋

 

 

【育児】【英語】【デメリット】【メリット】【将来】などの単語を

ツールにインプットして出力した文章であると判断しました。

 

本当に目をそむけたくなるほどの酷い文章です。

 

読んでみて違和感しかないと思います。

不自然に多すぎる濁点。

前後の文章もつながっているように見えて訳が分かりません。

 

 

中間判断。取得申請すべきか?先にすべきか?

15記事をブログに入れた段階で「あと5記事は欲しいな・・・」とは思ったのですが、

カテゴリがうまいこと複数つくれたことで、それなりに、

情報豊富なブログに見えたので15記事の時点でアドセンスの取得申請をしました。

 

こういった判断が正しいかどうかは分からないので、

自分の感性に従って判断してみてください。

 

申請の際には、プライバシーポリシーや運営者情報も準備しましょう。

これらはほとんどそのままどこかからコピーしてカスタマイズすればいいです。

 

なんなら自分のブログのモノを使っていただいても構いません。

およそ3分もあればできる作業です。

 

 

おめでとうメール、もしくはなんらかのメールをもらうまで1日1記事ずつ入れていく。

申請したからと言って記事の追加作業を終えていいはずがありません。

 

ブログは自分の見聞きした情報を世界に向けて発信しているのです。

そこに終わりなどあろうはずがありません。

(アドセンス取得したら終わるんですけどね)

 

なので、毎日記事を入れて更新してかなければなりません。

しかし、毎日毎日入れるのはとても手間がかかります・・・。

 

なので、【予約投稿】という機能を使います。

これはその名の通り、指定した日時に準備していた記事を投稿するというものです。

 

この機能について、実は初めて利用したんですが、

本当に気が楽です。

 

ブログは基本的に毎日、定期的に更新するものです。

ブログを抱えれば抱えるほど、その作業が圧迫していきます。

 

しかし、予約投稿機能があれば、

「今日5記事書いたけど・・・3日間に分けて予約投稿しよう」ということもできるのです。

 

これはやったことがある人にしかわからない感覚なのですが、

涙が出るほど嬉しい機能なのです。

 

 

 

そしてアドセンスを取得!ミッションコンプリート!

4月20日に申請して、17日後の5月7日。

ついにアドセンスを取得しました。

 

いかがだったでしょうか。

何も知らなくてもアドセンスは取れますし、

ジャンルに疎くても情報は発信できるのです。

 

これからはこのアドセンスを使って情報を発信して

稼いで行きたいと思います。