どうもおはこんばんにちは。

emishiです。

 

 

今日はワードプレスの記事について書いていきたいと思います。

 

 

ワードプレスには、テーマにもよりますが、3種類のページが用意されています。

 

 

  • 投稿
  • 固定ページ
  • ランディングページ(LP)

 

 

最初はこれが何なのかわからない方が多いはず。

 

 

ただ何となく記事を作っていると、あとあとリライトや整理に手間が掛かったりします。

 

 

そこで、この3つの基本的な説明をしたいと思います。

 

 

 

『投稿』とは記事コンテンツを作るための

主にそのブログのコンテンツとなる記事はこの投稿ページで作ることになります。

 

この『投稿』にはあなたが設定した、あるいはこれから設定するであろうカテゴリを設定でき、さらにタグをつけることができます。

 

 

 

例えば、あなたが映画ブログを作っていて、『ライフイズビューティフル』の感想を記事にしたとしましょう。

 

この映画はイタリア映画・・・。では『イタリア映画』というカテゴリに所属させましょう。

 

次に、この映画に関連するキーワードを考えてみましょう。『俳優名?』『感動?』『実話?』。

 

そう。こういう言葉をタグに設定します。

 

 

 

固定ページとはなんぞや?投稿とはどう違う?

固定ページの使い方は2つあります。

 

 

『カテゴリに属さない』コンテンツを作る時と『特定のカテゴリのコンテンツをまとめる』時です。

 

 

 

具体的にカテゴリに属さないコンテンツとはどういうものか?

 

プライバシーポリシーや運営者情報、お問い合わせなどのページのことです。

 

 

身元をというか、自分がどういう人間なのか、どういうポリシーを持ってサイトを運営しているのか。

 

こういう情報は記事になりようがありません。

 

 

 

次に『特定のカテゴリのコンテンツをまとめる』というやり方。

 

 

 

映画ブログで例えますが、あなたが『SF映画』を30本見たとしましょう。

 

 

30本も見ればどれがお勧めなのかランキングをつけることもできますし、検索してくれたユーザーが特にどのページを見ているのかランキングを知らせることもできます。

 

 

そこで、固定ページで『SF映画ランキング!』というような固定ページを作るのです。

 

 

ランディングページはどういう役割なのか?

おそらく、普通のノマドブログみたいなものを運営する場合はこのランディングページは使うことはありません。

 

 

このランディングページは『着地ページ』と言われ、基本的に『ユーザーに申し込むか否か』を選択させるページになります。

 

 

『ダイエット』とかで調べると、なんだか長ったらしいwebページを見たことありませんか?

 

 

あれがランディングページです。

 

 

ランディングページの特徴は、画像が多用されていて、縦に長い。デザインも派手目でなんだかボタンが大きい・・・。

 

 

そしてよくよく読んでみると、成功体験や読者をなんだか煽るような謳い文句の数々・・・。

 

 

つまり、ユーザーに選択させることを目的としたページになります。

 

 

そのため、ブログを普通に運営してる場合、このページを使うことはありません。