どうもおはこんばんにちは。emishiです。

 

 

 

中古ドメインでアフィリエイトをやっていても、中古ドメインの目利きで競争に負けることがあります。

 

 

もちろん、コンテンツ重視で運営していれば最終的には勝てるのですが、短期、中期に関しては負けているというのは良くないでしょう。

 

 

 

そこで僕はこう考えました。

 

 

 

『ExpiredDomains』を使う時が来た・・・と。

 

 

 

この記事ではExpiredDomeinsのメリットデメリットと登録方法を書いていきます。

 

 

 

 

ExpiredDomainsを使おう

まずExpireDomeinsとは世界中の失効したドメインを保有しているサイトのことです。

 

 

webサイトはこちら

 

 

保有しているドメインは様々な指標で表示されており、情報量も豊富でドメイン販売業者をはるかに凌駕しています。

 

 

また、海外サイトでもあるのでサイト内は全て英語なので翻訳しながら利用していくことになります。

 

 

そこでまずは、メリットとデメリットを見て、利用するための覚悟を固めましょう。

 

 

 

ExpiredDomainsのメリット

 

 

基本的に安く手に入る。

値段はピンキリなのですが、中古ドメインの業者から購入するよりもはるかに安いです。

 

 

中古ドメイン業者もこちらから購入することも多く、つまりそれは中古ドメイン業者の手間賃やらが上乗せされているということです。

 

 

自分でドメインを買えるようになれば中古ドメイン業者の中抜き分の経費を下げることができます。

 

 

もちろん、中古ドメイン業者を使うということは選択肢としては有りです。

 

 

しかし、お宝ドメインが思わぬ値段で手に入る可能性があるのです。

 

 

これはExpiredDomeinsを利用することでしか得られない大きなメリットと言えます。

 

 

僕がExpiredDomeinsを利用する切っ掛けになったのはこれが最も大きな理由です。

 

 

ExpiredDomainsのデメリット

デメリットについては4つあります。

 

 

 

海外サイトだから当然英語サイト

英語だからと苦手意識を持つ方もいるかと思いますが、この機会に少しでも慣れ親しんだほうが良いでしょう。

 

 

Google Ghromeというブラウザは翻訳が標準搭載されており、サイト全体を簡単に翻訳してくれます。

 

適当に右クリック⇒日本語に翻訳。

 

 

取っつき辛いと思うほどの情報量がある

執筆中